自宅でする方法

キッズ

パンク修理はまず、タイヤレバーを使ってリムとタイヤの間に入れてリムからタイヤを外します。
2本使って2カ所外せば後は手で外していけます。
全集外したところで中からチューブを出して行きます。
それで空気を入れるとシューと言う音が聞こえればそこが穴で、聞こえない場合は洗面器に水を入れて空気が出てくるところを確認してください。
穴が見つかればそこを紙やすりで磨いて、ゴム糊をつけて2分くらいしたらパッチを貼ります。
その後できれば金槌でたたいて接着を寄り協力にしてはがれないようにしてください。
後は外したときと逆にしてタイヤをつけて行きます。
慣れるまでは大変かもしれませんが、安価で行えるし自宅でできるのでパンク修理はこんな感じでやっていただけると良いと思います。

自転車パンク修理

サイクリスト

自転車は乗っているとどうしてもパンクすることがある。
自転車に寄ってはいわゆるノーパンタイヤをつけているものもあるが乗り心地を考えるとどうしてもくうきがはいっているタイヤを使用することになり、そうするとパンクをすることになります。
パンク修理は自転車屋でやってもらうのが一番簡単であるが、自転車屋までどうやって持って行くかも問題となります。
そのためまた、安価なため自分でやることも考えても良いと思います。
まず、パンク修理のためにはその道具を用意する必要があります。
そのためにはタイヤレバー、パッチ、ゴム糊が最低でも必要となる。
100円ショップでも売っているので200円でそろうかもしれません。

パンクしないタイヤ

カラフル

最近ではパンクしないタイヤを謳った自転車が販売されて人気を集めています。タイヤのゴムが厚くなっている物、チューブの中にゲルや発泡ウレタンを入った物などが販売されています。
パンクしてパンク修理に時間を取られる事により会社や学校に遅刻してしまうのを避けたい、通勤・通学者に特に向いているタイヤといえます。
デメリットとしては、価格が高い、重たい、乗り心地が良くない事などがありますが、これからの更なる技術革新で、今ある以上のタイヤが生み出される事が期待されています。

料金は穴一つ、二つで1000円が標準価格であり、最近では現場まで出張して修理をしてくれるサービスもあるので、ケータイやスマホにサイト登録しておくとイザという時に便利です。自転車のパンク修理には、町の自転車屋に持ち込むのが一般的です。
手先が少し器用で労力を厭わなければ、パンク修理は誰にでも出来るものなので、自転車の使用頻度の高い人は覚えておきたい技術の一つです。
費用も数百円で済むので、一家に何台も自転車がある家庭では欠かす事の出来ないテクニックです。

タイヤについて

ヘルメット

ホームセンターなどでは1万円以下の格安の自転車が販売されていますが、価格を下げるために走行性能の要であるタイヤが低品質なものがほとんどであり、常にパンクの危険がつきまとうものです。
パンク修理を数回繰り返すと乗り心地もゴツゴツと悪くなり、タイヤ内のチューブの劣化も早まり、しいてはタイヤ自体の交換をしなければならなくなり、購入した自転車本体価格を上回る修理費が掛かってしまうことも珍しくありません。

修理方法

道端

中からゴムチューブを出したら、水につけるなどをして穴があいている箇所を調べます。
そして穴があいている箇所が分かったら市販のパンク修理キットを使って修復をすれば良いのです。
市販のキットはシールのようなものを張るだけの簡単な作業ですから誰にでもできます。
穴をそのシールで塞げばパンク修理は完了です。
自転車を持っている人はいつ自転車がパンクしても良いように修理キットは持っておくと便利です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930